■アマチュア陶芸大賞・かさま2003:入選

■アマチュア陶芸大賞・かさま2003:入選

 赤色は難しいと、なかなか手が出せない頃、釉薬のつかない高台側がほんのり赤いのに気づく。
 花瓶の練習用の花瓶で、織部と撥水剤で実験。焼き締めの赤と、織部の緑が予想外上の効果。白が派手さを中和。
 一つ引き出しが増えた作品です。
 でも、花瓶としてはどうかな?(花より目だってしまう?引き立て役)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>